CONCEPT
コンセプト

私たちの生活は常に菌の脅威にさらされています。
食中毒を始め、口腔内細菌による全身疾患、
不衛生が原因による感染症など細菌による被害は、
私たちの身近に潜んでいます。

depositphotos_84271248_l-2015_

depositphotos_8851304_l-2015_

depositphotos_56660789_l-2015_


また近年では、不妊症問題への取り組みが積極的に行われています。
女性のみならず、男性に対する検査もさらに身近に手軽に実施することが今後の不妊症問題への解決の糸口になっていきます。

depositphotos_91798544_l-2015_


菌未来を創造する。

mil-kinを導入する事で、スマホを使って「菌の見える化」を可能にします。これにより、現場で実施することが困難だった視覚的な衛生管理を習慣化し、幅広い分野での社会貢献を目指します。


従来の菌検査と組み合わせて

手間・コストがかかる検査とmil-kinを組み合わせることでコストダウンが期待できます。
従来の検査の前にmil-kinを導入することによって、前もっての確認が可能となる為です。

ATP検査

ATP検査との組み合わせで数値とビジュアルで見せ関連付けができます

拭きとり検査

mil-kinで確認した菌を培養し菌の数や種類を検査します

遺伝子検査

mil-kinで確認した菌を遺伝子レベルで特定します


教育ツールとして

その場でサンプルを採取

mil-kinでチェック

衛生情報をスタッフ全員で共有

経営層や品質管理部門は、常に衛生管理や菌などの最新情報が入ってきますが、現場にはなかなか入ってきません。例えば、今までの検査では数値で表していましたが、現場のスタッフには数値での管理がなかなか伝わりづらいのです。10の何乗など…数値だけでは伝わりづらかった部分を、mil-kinは『菌の見える化』で”その場”にいながら菌や汚れをチェックしたり、動画や静止画で菌や汚れの有無をビジュアル化管理できるので、とても解りやすくなりました。『菌の見える化』で衛生管理教育をすることにより、会社全体の衛生レベル向上につながります。