アクアシステム株式会社が経済産業省主催の「中堅・中小企業等イノベーション創出支援プログラム(飛躍 Next Enterprise)」の参加企業に採択して頂きました

お知らせ一覧

中堅・中小企業等イノベーション創出支援プログラムとは

 安倍総理大臣が、平成27年4月30日に米国シリコンバレーで発表したプロジェクトです。人材・企業・機会の観点からシリコンバレーの資源を活かすプログラムを実施し、シリコンバレーと日本の起業家・企業をつなぐことで、グローバルに通用するイノベーションを持続的に創造する仕組みを形成することを目指すプロジェクトである。  経済産業省では、「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」の一環として、高い技術力や優れた事業アイデアを持つ日本の有望な中堅・中小・ベンチャー企業52社を、シリコンバレーをはじめとする世界のイノベーション拠点に派遣します。

アクアシステム株式会社が選ばれた理由。

アクアシステム株式会社は、スマートフォンで見る顕微鏡『mil-kin(見る菌)』の開発・販売を行なっています。誰でも簡単に”菌”や”汚れ”の「見える化」を実現し、HACCPの手法として、手や調理器具、食品などの 簡易衛生チェックとして、アジア全域の食品衛生教育や管理の啓発・啓蒙を図ることにより食中毒の発生件数の減少に寄与できると考えております。

 

詳細の情報は弊社HPまたは下記のリンクをご参照ください

飛躍 Next Enterprise紹介ページ
https://www.hiyaku.go.jp

経済産業省関連ページ
http://www.meti.go.jp/press/2017/10/20171020005/20171020005.html

参加企業一覧
https://www.hiyaku.go.jp/participant17.php